鴻儒堂書目下載  
     
|
     
  會員登入  
     
|
     
  加入會員  
     
|
     
  加入我的最愛  
     
   
首頁 訂購服務 付款說明 留言板 服務中心
   
 
   
  
網站瀏覽人次:

書局名稱-鴻儒堂書局


公司名稱-鴻儒堂股份有限公司


鴻儒堂-書目


鴻儒堂-日文書籍
鴻儒堂-日文雜誌
鴻儒堂-階梯日語
鴻儒堂-階梯日本語雜誌
鴻儒堂-日文圖書
鴻儒堂-日文歷史
鴻儒堂-日文學習書
鴻儒堂-日文青少年讀物
鴻儒堂-日文兒童讀物
鴻儒堂-日文有聲書
 
   
 
書目位置日文圖書  >  學術教養

 
            
日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ
作者:森下典子 / 出版社:新潮社
參考價:210
ISBN:9784101363516

お茶を習い始めて二十五年。就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。がんじがらめの決まりごとの向こうに、やがて見えてきた自由。「ここにいるだけでよい」という心の安息。雨が匂う、雨の一粒一粒が聴こえる…季節を五感で味わう歓びとともに、「いま、生きている!」その感動を鮮やかに綴る。

目次 
茶人という生きもの
「自分は何も知らない」ということを知る
頭で考えようとしないこと
「今」に気持ちを集中すること
見て感じること
たくさんの「本物」を見ること
季節を味わうこと
五感で自然とつながること
今、ここにいること
自然に身を任せ、時を過ごすこと
このままでよい、ということ
別れは必ずやってくること
自分の内側に耳をすますこと
雨の日は、雨を聴くこと
成長を待つこと
長い目で今を生きること


著者紹介
森下 典子 (モリシタ ノリコ)  
1956(昭和31)年、神奈川県横浜市生れ。日本女子大学文学部国文学科卒業。大学時代から「週刊朝日」連載の人気コラム「デキゴトロジー」の取材記者として活躍。その体験をまとめた『典奴どすえ』を’87年に出版後、ルポライター、エッセイストとして活躍を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 
 
 


【回上一頁】    



 
     
 
關於鴻儒堂      鴻儒堂地圖      與我聯絡      隱私權宣告
鴻儒堂書局股份有限公司
10044 台北市中正區博愛路九號五樓502室 TEL:02-2311-3810/FAX:02-2361-2334
客服信箱:hjt903@ms25.hinet.net
Copyright©HONG JU TANG BOOK CO., LTD. All rights reserved.