間宮兄弟
小学館文庫 え4-1

もてなくとも幸福に生きる兄弟の日常の物語。兄・明信は酒造メーカー勤務。弟・徹信は小学校の校務員。30歳をすぎても一緒に暮らすこの兄弟は、女性にはもてませんが、日常を楽しむ術をよく知っています。職場の女性を誘ってホームパーティを開いたり、上司の不倫の恋にまきこまれたりするなかで、兄弟の気持ちは揺れ動きます。ふたりのほのかな恋の結末は? 江國香織が初めて繊細な男ゴコロを描いて、森田芳光監督による映画化も話題になった作品の待望の文庫化です。解説は三浦雅士。

 

著者紹介

江國 香織 (エクニ カオリ)  

1964年東京生まれ。「409ラドクリフ」(フェミナ賞)、『こうばしい日々』(産経児童出版文化賞、坪田譲治文学賞)、『きらきらひかる』(紫式部文学賞)、『泳ぐのに安全でも適切でもありません』(山本周五郎賞)、『号泣する準備はできていた』(第一三〇回直木賞)、『がらくた』(島清恋愛文学賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:小学館
ISBN:9784094082180
作者: 江國香織