すきまのおともだちたち
集英社文庫 え6-10

庭で育てたレモンの木からレモネードを作り、針仕事で暮らしている「おんなのこ」。両親は最初からなく、車も運転できる古びた「お皿」と住んでいる―。仕事で訪れた街で道に迷い、帰れなくなった新聞記者の「私」は、客として彼女たちにもてなされることになるのだが…。けっして変わらないものが存在し続ける、そんな場所で出会った、小さな女の子との、いっぷう変わった長い長い友情の物語。

 

著者紹介

江國 香織 (エクニ カオリ)  

1964年東京都生まれ。小説、童話、詩、エッセイ、翻訳など、幅広い分野で活躍している。2002年、『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で第15回山本周五郎賞、03年、『号泣する準備はできていた』で第130回直木賞を受賞

こみね ゆら (コミネ ユラ)  

1956年熊本県生まれ。1985年フランス政府給費留学生として渡仏、8年半滞在。2005年『さくら子のたんじょう日』(宮川ひろ/文)で日本絵本賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:集英社
ISBN:9784087462937
作者: 江國香織 こみねゆら