日のあたる白い壁
集英社文庫 え6-9

「出会った絵について書くことは、でも勿論私について書くことでした」ドラクロワ、ゴッホ、マティス、荻須高徳、小倉遊亀、オキーフ…etc.。古今東西の27人の画家の作品をとりあげ、「嫉妬しつつ憧れつつ」自由に想いを巡らした、美しくユニークなエッセイ集。愛らしい小品から名作まで、画家たちの様々な作品を鑑賞しながら、江國香織その人に出会う―二重の楽しみが味わえる、宝物のような一冊。

 

目次      

ゴーギャンのオレンジ―ゴーキャン「オレンジのある静物」

完璧に保存される物語―カリエール「想い」

体の奥がざわめくなつかしさ―ホッパー「海辺の部屋」

祖父の家―児島虎次郎「睡れる幼きモデル」

ボナールのバスタブ―ボナール「浴槽」

ポケットに入れて―ドラクロワ「花の習作」

うつくしいかたち―東郷青児「巴里の女」

あの怠さ―パスキン「昼寝」

意志的な幸福―カサット「劇場にて」

ユトリロの色―ユトリロ「雪の積った村の通り」

宗教のような、音楽のような―ゴッホ「夜のカフェテラス」

同化するということ―荻須高徳「カフェ・タバ」

セザンヌのすいか―セザンヌ「すいかのある静物」

過渡期の人・マネ―マネ「海にとび込むイザベル」

あるべき場所のこと―グレコ「聖アンデレと聖フランシスコ」

ひらがなのちょうちょ―ルドン「ちょうちょ」

豪胆さと繊細さ―小倉遊亀「家族達」

プリミティブという力―ムンク「お伽の森の子供たち」

かつて持っていたくまのぬいぐるみ―ワイエス「グラウンドホッグ・デイ」

豊かさ、幸福さ、まっとうさ―マティス「ヴァイオリンのある室内」

インタレスティングということ―カラヴァッジョ「聖トマスの懐疑」

見知らぬ絵―カーシュテン「赤い台所」ほか

オキーフの桃―オキーフ「桃とコップ」

 

著者紹介

江國 香織 (エクニ カオリ)  

1964年東京都生まれ。小説、童話、詩、エッセイ、翻訳など、幅広い分野で活躍している。2002年、『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で第15回山本周五郎賞、03年、『号泣する準備はできていた』で第130回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:集英社
ISBN:9784087461749
作者: 江國香織