ふりむく 講談社文庫
講談社文庫 え31-2講談社文庫 え31-2

おすすめコメント

絵と文章が互いに広げあう21の物語。この本は薄くて小さな本ですが、分厚い長編小説よりも、ずっと長い時間、ぼくたちを楽しませてくれることでしょう。――永江朗(「この本のつかいかた」より)さようなら。私はもうあなたのものではありません。たぶんもともとあなたのものではなかったのです――空港、波、木漏れ日、女性……「ふりむく」というテーマで描いた松尾たいこの絵から、江國香織が文章を紡いだ21の物語。繰り返し読めば読むほど、自分だけのストーリー(ふりむく)まで動き出す、不思議な1冊。※本書は2005915日にマガジンハウスより刊行されたものに解説を加え、文庫化したものです。

 

著者紹介

松尾 たいこ (マツオ タイコ)  

広島県生まれ。第16回ザ・チョイス年度賞鈴木成一賞受賞。広告、CDジャケット、雑誌、書籍などのほか、ファッションブランドやミュージアムショップにも作品を提供し、幅広い分野で活躍。アジアを代表するアーティストとして海外での人気も高い

江國 香織 (エクニ カオリ)  

1964年生まれ。’89年「409ラドクリフ」でフェミナ賞を受賞し、’91年に『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、’92年坪田譲治文学賞、同年『きらきらひかる』で紫式部文学賞、’99年『ぼくの小鳥ちゃん』(以上新潮文庫)で路傍の石文学賞、2002年『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』(集英社文庫)で山本周五郎賞、’04年『号泣する準備はできていた』(新潮文庫)で直木賞、’07年『がらくた』(新潮社)で島清恋愛文学賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:講談社
ISBN:9784062765923
作者: 江國香織 松尾たいこ