労働審判制度の利用者調査 実証分析と提言

2006年の制度発足以降、個別労働紛争の解決手段として活発に利用され、法律家などからは一般に高く評価されている労働審判制度。実際に制度を利用した紛争当事者の評価は?紛争当事者から高く評価されたのは、費用?時間?解決内容?それとも―紛争解決のあるべき姿も、見えてくる。


目次

第1部 序論(雇用労使関係の変化と労働審判制度の意義

労働審判制度利用者調査の概要)

第2部 利用者からみた労働審判制度(分析編)(労働審判制度利用者の動機と期待

労働審判制度の基本的特徴の検証―迅速性・専門性・適正性

金銭的側面からみた労働審判制度 ほか)

第3部 労働審判制度のこれからを考える(提言編)(労働審判制度の意義と課題―労働法学の視点から

労働審判制度の実務と可能性―裁判官の立場から

労働審判制度の実務と課題―労働者側弁護士の立場から ほか)


出版社

商品紹介

労働審判制度利用者調査の内容を紹介・分析する。労働審判制度が活用されている現状分析から,今後の課題と新たな展開を提言。


著者紹介

菅野 和夫 (スゲノ カズオ)  

東京大学名誉教授、日本学士院会員

仁田 道夫 (ニッタ ミチオ)  

国士舘大学経営学部教授

佐藤 岩夫 (サトウ イワオ)  

東京大学社会科学研究所教授

水町 勇一郎 (ミズマチ ユウイチロウ)  

東京大学社会科学研究所教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:有斐閣
ISBN:9784641144422
作者:
參考價:NT$1140
NT$1140